あけおめ!ことよろ! 2015年遊んだゲームの総括

身体は大人、頭脳は子供なゲーマーぞねが日常とゲーム生活を綴るへっぽこブログ。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新年明けまして、おめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。


はぁ~、もう1年過ぎちゃいましたね。
年々月日が経つのが早く感じる様になって、
歳をとっている事をしみじみと実感するぞねです、こんにちは。

今年の被写体は、Far Cry4 からアッサムマカク(猿)です。
きれいな顔してるだろ。ウソみたいだろ。死んでるんだぜ。それで。
・・・生きてると逃げ回って撮影出来なかったので・・・(ノ∀`)

それでは毎年恒例、2015年に遊んだゲームの総括に行ってみたい思います!


FINAL FANTASY Record Keeper (Android)
サービス開始日:2014年9月25日
熱中度:★★★★☆ 満足度:★★★★☆ やり込んだ度:★★★★★


コアゲーマーとして、スマフォのゲームなんて
やってたまるか( ゚д゚)、ペッと思っていたわたくしが、遂に手をつけてしまいました( ゚д゚ )
14年の大晦日、ガキ使を観ていたら
このゲームのCMを観た妹(ボロスマフォで容量が無かった)が
やりたいと言い出して僕の端末にインストールしてみたのが事の始まり・・・。
何だかんだ妹も新しくスマフォを買い換え、
別のゲームを遊びだしたので結局、
僕がやる事になり現在もプレイする事になります(´ε`;)

多分、トータル時間では今年一番遊んだゲームだとおmゲフンゲフン


FF6頭身をベースに描かれたFFオールスターズなキャラゲーで
パーティーを編成し、レベルアップや武具の強化、アビリティを精錬して行き、
アクティブタイムバトルで、歴代の敵に挑んで失われたFFの記憶を取り戻すという
懐古プレイヤー向けのゲーム内容となっております。
(2016年1月1日現在、FF1~14までのシリーズを網羅しています)
3DCGに以降してからのFFキャラクターやモンスターもFF6をベースとしたドット絵で
描かれているのでSFCFF世代としては生唾モノです(´q`*)

バランス面では、エンドコンテンツを完全クリアするには
いくつか必須な装備や専用必殺技があったりしますが、
それでも現在はいい塩梅で調整されていると思います。
(わりと引き運がいいからかもしれませんが・・・)

当初は、通信頻度の割りにインターフェイスの作りがおざなりで
何度も何度も色んな項目を行ききする羽目になり、ストレスが溜まる作りでしたが
大幅アップデート以降は、痒いところに手が届く仕様になり大満足。
ストレス無く編成出来るようになりました(´ω`)
イベントの更新頻度や装備ガチャに必要なミスリル配布頻度も高く、
極力間を空けない様努めている運営の姿勢は、
当初イメージしていたソシャゲ運営の姿とは少し違ってたのは嬉しい誤算でした。

今年も楽しんでいきたいと思いますヽ(´ー`)ノ



FARCRY4 (PS4)
発売日:2015年1月29日
熱中度:★★★☆☆ 満足度:★★★☆☆ やり込んだ度:★☆☆☆☆

ヒマラヤ山脈に囲まれた小国キラットを舞台に、
圧制を強いる王立軍から解放を目指すオープンワールドFPS。
これまでこのシリーズに触れた事は無かったのですが、
E3の象に騎乗した映像を観て一目惚れ、購入を決意しました(´ω`)


グラフィックは非常に美しく、木々の木漏れ日や朝焼け、
ゴツゴツした岩場、清流と、歩いているだけでマイナスイオンを吸収できそうな気になります。
生息する動物達もリアルで可愛いモノからガチで恐ろしいモノまでバリエーション豊富で
ちょっとした探検家気分に浸る事もできます。

しかし、ゲーム的には占拠されたタワーを取り戻して
活動可能範囲を広げ、また別のタワーを取り戻して更に活動範囲を広げていくという繰り返しで
あまりメリハリが無くすぐにマンネリ化に陥ってしまいました(´ε`;)

そんな中、象騎乗が解禁されて・・・


  _人人人人人人人人人人人人人人人_
  >   王立軍がいるぞ殺せ!!!  <
   ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

        三 ( ´・ω)
       三 ー(‐∪─→
   三 / ̄ ̄ ̄ 》  ̄\
 三三 |      U ・ |
  三 と|        ι| |         三┏(;´Д`)┛
  三 /_∧∨ ̄ ̄/_∧U         三   ┛┓
と、ひと暴れしたら満足してしまいそれ以降遊んでいません(ノ∀`)



ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城 (PS4)
発売日:2015年2月26日
熱中度:★★★★☆ 満足度:★★★★☆ やり込んだ度:★★★★☆

ドラクエシリーズのスクエニと無双シリーズのコーエーテクモがタッグを組んだアクションRPG。
懐かしい過去作の3D化されたキャラクター達を仲間に加えて
おなじみの雑魚敵を蹴散らし、ボスと死闘する!

発表当初は、ドラクエ無双と揶揄されてネガキャン材料にされていましたが、
実際蓋を開けてみるとコーエーテクモがこれまで培ってきた無双シリーズや討鬼伝シリーズの技術と
堀井雄二氏の絶妙なバランス感覚が加わり、
アクションRPGでありながらしっかりとドラゴンクエストになっていました(´ω`)

PS4のグラフィックで描かれた高精細なお馴染みのモンスターやキャラクター、
爽快で軽快な戦闘、巨大なボスとの白熱のバトル、適度に戦略性を要求される拠点防衛など、
ただのお祭りゲーで終わらせるには惜しい良作ですヽ(´ー`)ノ

続編もすでに製作中なので発売時期に特に被る物が無ければまた購入したいと思います(´ω`)



Bloodborne (PS4)
発売日:2015年3月26日
熱中度:★★★★★ 満足度:★★★★☆ やり込んだ度:★★★★★

今年ぞねが最も期待していたタイトルBloodborne!
デモンズソウル以来のSCEジャパンスタジオとフロムソフトウェアのタッグがここに再来!
一応、新規IP扱いですがほぼソウルシリーズの新作と思って間違いないです(´ε`;)

ダークファンタジーで名を馳せ、ただでさえ暗い陰鬱だったソウルシリーズでしたが、
Bloodborneでは更に拍車がかかり、高精彩なグラフィックで描かれる獣狩の狂気に満々た世界は
下手なホラーゲームよりホラーしていたので苦手な人は注意が必要です(ノ∀`)

戦闘面でソウルシリーズと大きく違うのは、盾を廃止し(あるにはあるけど弱い)、
こちらの回避性能を高め、更にダメージを受けても一定時間以内に反撃すれば
ライフが回復するリゲインシステムの導入により、
スピード感あるバトルが楽しめるようになった点です。
このお陰で、強敵と死闘している感じがより一層強調され、
倒した時、より大きな達成感を味わえる、絶妙な調整が施されていました。

ソウルシリーズよりかはよりアクションゲーム寄りにしたチューニングだと言えます。
そういう意味では、ソウルシリーズの名前を冠さなかったのは正解ですね。


また、唸らせられたのが緻密に計算されたマップ構造で、
妖しげな森にある洞窟を通り、地底湖を抜けると
物語開始地点の柵で覆われて行けなかった場所へ抜けていたりと
マップとマップの繋がりや敵の配置に物語性や説得力がありました。
(他のフロムゲーよろしくこの作品も断片的にしか物語が語られないので尚更)

しかし、完璧な作品とは言えず、
ロードがなっがい上、読み込み中はただタイトルロゴを表示させるだけ(アップデートで改善済み)、
変形ギミックのある仕掛け武器のせいか武器の種類が少ない(これは後のDLCで解決しますが)、
ランダム生成される聖杯ダンジョンがパーツをランダムに繋ぎ合わせただけの
代わり映えのしない単調なマップになりがちだったり、
トレハン要素を促す血晶が難易度の高い聖杯ダンジョンでマラソンしないと手に入らないなど
不満な点もありますが、それを上回る面白さでカバー・・・というか、
聖杯を除いた本編に不満は無かったです(´ω`)
しっかりやり込んでプラチナトロフィーも獲得しましたヽ(´ー`)ノ



DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN (PS4)
発売日:2015年4月9日
熱中度:★★★★★ 満足度:★★★☆☆ やり込んだ度:★★★★☆

14年に発売されたダークソウル2本体とDLCをセットにし、
更に次世代機(64bitOS、PS4/XboxOne)用にアレンジを加えた真の完全版。

PS3で無印版が発売された時は既にPS4が発売されていたので、
(あっ、こりゃ絶対PS4で完全版の移植くるな・・・)と思い、無印版をスルーしていたので
見事予想が的中したわけです(ΦωΦ)フフフ…
でも、Bloodborne発売の2週後に発売されるのは読めなかったYO!ヽ(`Д´)ノ
お陰でBloodborneの1週目のプレイが駆け足気味になってしまいました(´・ω・`)

次世代機版は、60FPS(可変)・1080pになったお陰で
描画ヌルヌル、グラフィックも高解像度でくっきりしていたので
ベースが旧世代機版とは思えないグラフィックでした。
神秘的な泉、黄昏た城、荒廃した土地などなど、ロケーションのバリエーションが
非常に豊富なのも探索する意欲をそそられた・・・んですが、
ステージ同士の繋ぎが節操無さ過ぎで若干シラける所もありました・・・(´ε`;)
(例えるならMinecraftの砂漠バイオームの隣に雪バイオームがある様な感じ)
この前に緻密なマップ構造だったBloodborneをやっていたので尚更・・・。

他にも敵の配置が適当に感じられる部分が多かったり、
無印からアレンジされているはずなのにも関わらず思わず、
(えっ、これで調整したの・・・?)と、疑問符が浮かぶ所が多々あったりしましたが、
それでもベースはソウルシリーズなので探索する楽しみや、
トライ&エラーしながら強敵を突破していく楽しみや達成感は変わらず、
熱中度の高いゲームになっていました(´ω`)



METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN (PS4)
発売日:2015年9月2日
熱中度:????? 満足度:????? やり込んだ度:?????

今年のゲーム業界を語る上で外せない1本。
MGS5発売間近なのにめっきりメディア露出が減った小島監督、
家庭用ゲーム機を軽視する発言や、発売前も発売後も、
きな臭い動きで、世界中のゲームファンからヘイトを集めまくるKONAMI。
結局、最後は小島監督はKONAMIを退社、自身は独立して新しいスタジオを立ち上げたので、
心機一転して頑張って欲しいです(´ω`)

さて、肝心ゲームですが・・・
体調崩したり、色々やらないといけない事が重なったりしたので
現在、積んでいます。

という訳で、評価は保留!
クリアはしたいと思っているので今年崩す予定・・・です(ノ∀`)
ただ、周りの評価はあまりよくないですね(´ε`;)



Call of Duty :Black Ops III (PS4)
発売日:2015年11月6日
熱中度:★★★★★ 満足度:★★★★★ やり込んだ度:★★★☆☆

毎年恒例、Call of Dutyの季節がやってまいりました。
今年は久々のTreyarch製CoDなので期待して購入!

キャンペーンモードは何時もの如く、スルーしていますヽ(´ー`;)ノ
ゾンビモードもちょこっとしか触ってないので今回もマルチプレイメインの感想になります。

とりあえず、まず思ったのが・・・ヒット音が気持ち(・∀・)イイ!!
これは何気に重要でプレイの爽快感と没入感に作用する重要な要素です。
BOシリーズのサウンドは元々好きだったので今回も期待を裏切られなくて良かった。

BO3も昨年のAW同様、近未来設定で機動力の高い戦闘をウリにしていたのですが、
アナログスティックを壊しかねないほどブーストを吹かせたAWと違い、
あくまで壁走りやハイジャンプ程度の要素に納めて
クリアリングやプレイヤー位置の流れを読む楽しみを奪っていないのは、
流石老舗のTreyarchと言った所でしょうか(´ω`)

そして、ビックリしたのが奇跡的な武器バランスの良さ!
発売当初はとあるライトマシンガンが壊れ気味な性能でしたが
半月も経たずに修正され、現在は凄くよいバランスになっています。 
あとは完全に得意な距離やその日の気分で武器を選べるので、
プレイがマンネリ化し辛くなっているのが凄く嬉しいですヽ(´ー`)ノ

ただ今作は、スペシャリストという特殊なアビリティが
使用出来る兵科の様なモノが導入されていますが、
こちらのバランスは使えるモノとそうでないモノの差が出ているので
もうちょっと調整を頑張って欲しいです。
(ルールによって使える使えないの差が出るのでなかなか難しい所ですが・・・)

近年のCoDでは一番の出来なのではないでしょうか?
BoodborneのDLCが近かったのもあってあまりやり込む時間はありませんでしたが、
今年もまだまだ遊びたいと思わせる逸品です(´ω`)



Bloodborne :The Old Hunters (PS4)
配信日:2015年11月24日
熱中度:★★★★★ 満足度:★★★★★ やり込んだ度:★★★★★

本編発売から8ヶ月・・・遂にやってきました拡張版とも言える大型DLC The Old Hunters!
ダークソウルでは小出しでDLCを追加していましたが、今回は3つのダンジョンをまとめて追加!
更に不満だった武器の少なさをこれでもかというほど新規追加し、
ネタ枠だった神秘マンにも数々な秘儀や装備が追加されました(´ω`)

ちなみに聖杯ダンジョンにはまったくテコ入れされてません・・・が、
つまらない聖杯ダンジョンにリソースつぎ込むくらいなら
本編を頑張って欲しかったので個人的には満足しています(ぁ

さて、満を持して追加された3つの新ダンジョンや新ボスですが・・・いやぁ、素晴らしい!
相変わらず、陰鬱でおどろおどろしい場所ばかりですが、
どこか哀愁漂う雰囲気が小物や敵、アイテムの配置から
醸し出されていて探索するのが非常に楽しかったです(´ω`)
こういう小道具が生み出す物語性も、没入度を上げるのに
重要な役割を担っている一つなのだなとしみじみと感じました。

追加されたボスも非常に良く、死闘感は更に増して熱い戦いが楽しめました。
更に、今回追加された武器が非常に熱い! カッコいい! 使いたい!!
・・・でも使えるキャラがいないヽ(;Д;)ノ

今回は筋力系のキャラを作っていなかったので、
新規追加された筋力武器を装備する事が出来ませんでした(´・ω・`)
というわけで、筋力キャラも作りたいし、神秘マンも作りたいしで
Bloodborne・・・まだまだ楽しむ事が出来そうです( ´ー`)y-~~
( でも聖杯ダンジョンと血晶集めめんどくさいなぁ・・・(ぁ )



FINAL FANTASY VII HD (PS4)
配信日:2015年12月6日
熱中度:★★★★☆ 満足度:★★★★☆ やり込んだ度:★★★★★

2014年のPlaystation Experienceで大々的に発表され
リメイクを期待していた世界中の人々を失望させたFF7のPS4HD移植が遂に配信(ノ∀`)
この発表でかなりヘイトを集めたスクエニでしたが、
なんと15年のE3で本当にFF7のリメイクを作っている事を正式に発表!
更に15年のPlaystation Experienceでは、リメイクのプレイアブル映像までも公開し、
世界中の人々をおおいに沸かせました。

さて、そんな2015年のPlaystation Experienceと同時に配信されたHD版ですが
その名の通り、グラフィックはHD化されておりPS1の作品ながら非常にくっきりして綺麗です。

また独自の要素として、トロフィーに対応(超重要)、
そしてエンカウントなし、常にHP/MP/リミットMAX、3倍速モードも搭載!
エンカウントなしとHP/MP/リミットMAX機能はチート過ぎるので封印していますが、
3倍速モードのお陰で古いゲームですがテンポよくサクサク遊べるので凄く快適です。
(ナイツオブラウンドとかナイツオブラウンドとか
ナイツオブラウンドとかナイツオブラウンドとかを早送り出来ますしね!)

そんなわけで、現在プラチナトロフィー取得の為にプレイしている真っ最中です。
もうラスダンにも到達、お宝も回収済みなので後はレベル99と所持金カンスト、
エメラルドウェポンとルビーウェポン討伐トロフィーをゲットするだけです( ´ー`)y-~~
(ゲームクリアトロフィーをラストに取得して、プラチナトロフィーを取得する予定)

しかし、改めて遊んでみるとやっぱり凄い作品ですねFF7。
思い出補正があるとは言え、PS1一作目でこの完成度の高さは本当に素晴らしい。
懐古主義の人達には毛嫌いされているFF7ですけど、シナリオや演出、システム、そしてボリュームは
ゲーム史に名を残すのに相応しい作品だと改めて実感しました(´ω`)


そんなこんなで2015年に遊んだゲームの総括でした!
合間合間にチビチビとインディーズゲームを触っていたりしましたが
しっかりとクリアしている物は無いので割愛しました(´・ω・`)
(でも、Nom Nom Galaxyはオススメ!)

2016年もドラゴンクエストビルダーズを皮切りに、Vita移植版ロマンシングサガ2や、
ストリートファイター5、ダークソウル3、スターオーシャン5、
大いなる期待しかないアンチャーテッド4や、サガスカーレットグレイス。
そして年末あたりに出るであろうFF15や人喰いの大鷲トリコ先輩、
仁王先輩など期待作品が目白押し!
特に和ゲー勢がかつて無い盛り上がりを見せていてとても楽しみな一年になりそうです(´ω`)

でも積んでるMGS5崩したいし、BO3ももっと遊びたいし、
Bloodborneで新キャラ作って遊びたいし、
年末にPS4版Minecraftに大幅アップデートがきたので新ワールド作って遊びたいし・・・
・・・時間ないYOヽ(`Д´)ノ


<おまけ>

はい毎年恒例、おまけコーナー。
今年は・・・かなり進みました!( ゚д゚ )
特にシステム面で実装すべき事は(下手に欲を出さなければ)終えたので
あとは必要なデータを打ち込んでいくのみ!
(と、言ってもそれが一番時間と手間がかかるわけですが・・・)

現在は複合スキルのデータを頑張って打ち込み中。
とりあえず必要なデータを打ち込んでしまう事に集中しているのでゲームバランスは二の次。
只管カタカタと入力するのは微妙に精神力と集中力を削られますが、
とりあえず形にしなくては・・・(´ε`;)

まぁ、そんなこんなでまだ完成の目処は立ちませんが、
着実に前進はしているので今年はバランス調整は一度置いておき、
何とかスタートからクリアまで起動出来る様にし、
身内の人に通しでテストプレイ出来る形まで持っていきたいと思います(ノ∀`)
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://zonelog.blog103.fc2.com/tb.php/217-fb533172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。